スポンサー広告


スポンサーリンク

応援お願いします。

RSS ゲームアプリ無料!

無料!数量限定ゲームアプリダウンロード 通勤におすすめです。
Eight - 100万人が使う名刺アプリ

Eight - 100万人が使う名刺アプリ

Sansan, Inc.無料posted withアプリーチ

こちらもおすすめ→

その他

日本の社会過去50年で変化したこと。はなぜ子育てが世界一難しい国になったか?

投稿日:

1: ノチラ ★ 2018/04/10(火) 03:49:18.82 ID:CAP_USER

日本の子育てが大変なのはなぜ? 母親がだらしないのか? 育児不安をもたらすものは何か? 家族社会学が専門の落合恵美子・京都大学教授が、この半世紀に起きた変化を指摘する。

子育てが大変なのは日本だけ?
子育ては大変だ。

その責任と負担の重さに、育児不安や育児ノイローゼと呼ばれる精神状態に陥る母親も少なくない。しかし子育てという重要任務を担う以上、それはある程度やむをえないことだ、逃れえないことだ――という「常識」を信じ込まされてはいないだろうか。

わたしもかつてはそう思っていた。

そこで、海外調査を始めた。他の国の母親たちはどのようにしてこの問題に対処しているのか、と。

しかし、「育児不安ってありますよね?」と質問を始めようとしたとたん、つまずいてしまった。

育児不安とか育児ノイローゼという状態を理解してもらえない。

日本では子育てに専念している母親が孤立感と重圧で苦しんでいると説明しても、育児と仕事の両立で忙しくて悩んでいる例はあるけれど、子育てだけをしていて苦しいなんて聞いたことがない、という反応しか返ってこない。

アメリカでも、ヨーロッパでもそうだった。東アジアや東南アジアの国々でも。中国では、「だって子育てって楽しいことでしょう? みんな子育てがしたくて、両方のおじいさんもおばあさんも子どもの取り合いしてますよ」と笑い話になった。

そんな経験を重ねるうち、わたしの中で「常識」が逆転した。

そうだ、子育ては楽しいことだった。子育ては大変だ、とここまで思い詰めているのは日本だけじゃないか。

日本は世界の特異点なんじゃないかと。日本ではなぜこれほど子育てが大変になってしまったのか、その原因を解明することが、新たなプロジェクトとなった。

「昔の母親は偉かった」という決まり文句
さあ、ここで考えてみよう。日本の子育てはなぜ大変なのだろうか?

「それは日本の母親がだらしないからさ」

どこからか、そんな声が聞こえてくるような気がする。

遡れば1980年代、わたし自身が子育てで一生懸命だった頃、「育児ノイローゼ」が社会問題になった。

その時、沸き起こったのが、若い母親世代へのバッシングだった。都会育ちで苦労を知らないからそんなことになる。偏差値世代は育児書に頼りすぎるからだ。

無料なのでエッチなプロフィール確認してやっちゃって下さい! PCMAX登録特典

そして決まり文句の「昔の母親は偉かった」。昔は家族だけで立派に子育てしていたのだから、今もできないはずはない、と言われた。

自分が批判される立場の若い母親であり、社会学者の卵でもあったわたしは、なにかおかしいと思った。そこで兵庫県の委託調査をさせていただいた機会に、自分と同じ2歳児を抱える家族の調査を実施した。

そしてその結果を、1960年代に社会学者の森岡清美先生たちが東京郊外で実施した調査結果と比べた。立派だったと言って引き合いに出されるのは、だいたい1960年代の母親や家族だったからだ。

そして二つのことを発見した。

第一に、1960年代の幼児を抱えた母親たちは、近隣の人たちとあまり付き合わず「家族だけで」子育てしていたように見えるが、実は別世帯に住む自分の姉妹たちと頻繁に協力し合っていた。

これはわたし自身の子ども時代の経験とも合致する。田舎から出てきて東京各地に住み着いた母の姉妹たち4人は、毎週のように互いを訪問し合っていた。そのたび、わたしもいとこたちと顔を合わせ、きょうだいのように遊んだ。

「家族だけで」と言っても、その「家族」の範囲が今よりずっと大きかったのだ。正確に言えば、「家族」というより、「親族ネットワーク」だった。

しかし、1980年代に母親になったわたしたち世代では、4人や5人きょうだいのいる人はめったになかった。せいぜい2人。頼ろうにも、きょうだいがいない。

親族による育児サポートとして、きょうだいの支援をあげる人はほとんどおらず、親族で頼れるのは子どもにとっての祖父母だけになっていた。

祖父母はいくらがんばってくれても、体力に限界がある。こんなに条件が違うのに1960年代の母親は偉かったと言われてもね、と反論できる根拠が見つかった。

しかし、1980年代の母親たちも、黙って耐えていたわけではない。

縮小した親族の絆の代わりに、近くに住む母親どうしで協力し合う育児ネットワークを作りあげていた。これがわたしの調査の第二の発見だった。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55108

2: 名刺は切らしておりまして 2018/04/10(火) 03:57:02.22 ID:a24op0Mr
最近保育園保育園言うけど
幼稚園ってどうなってるんだろ?

 

>>2
>>幼稚園ってどうなってるんだろ?

幼稚園は需要が無い、ガラガラ。
なぜなら、
①学校と同じで、夏休み、冬休み、春休みがある。
②1時~2時には終了して、お迎えが必要。

働く母親にとっては、通わせるのは無理。

 

>>63
酷い幼稚園バスは朝8:45に迎えが来て11:30に送り返してる
その間ずっと立ち話してるマンション暇主婦とか居るわ

 

>>63
関西の都市部在住だが、ここらへんの幼稚園は全て延長保育制度があって、希望すれば朝は8時~、夜は19時まで預かってくれるぞ。
夏休みや春休みも同様。

だから、ここらへんでは2才までは保育園に入れて、3才からは幼稚園に入れるご家庭が多い。それもあってか、幼稚園も定員一杯で願書出すのに並んだり、抽選だったりで激戦。

逆に保育園は3才以降は定員が空いてきたりする。

 

>>2
給食もあるし3時頃までだけど延長で6時まで預かってくれるし
所得にもよるけど保育園との差額は出るしな
延長保育分の追加料金で高くはつくが他にないなら選択しとしてはあり

 

3: 名刺は切らしておりまして 2018/04/10(火) 03:59:39.26 ID:Ma1rnk/9

・社会の複雑化(危険物の蔓延など) ※全世界的傾向

・爺婆世帯の分離 もともと人間は核家族で育児するようにできてない

・地域社会の消滅 人はいても子供を託したりできないししない 子供が勝手に活動できる土地がほぼ皆無

・生活コストの上昇 余剰コストがないので結婚したり子供を産むという発想がない

・少子化による子供のためのインフラやサービスの縮小や消失 スケールデメリット

・敵国による妨害工作

 

>>3 六つの内2〜5番目が大きな要因だろう。特に、生活コスト、サービスの縮小、消滅が大きい。

 

4: 名刺は切らしておりまして 2018/04/10(火) 04:00:40.50 ID:PVObhUnb

レール社会だからじゃないの
勉強して大学に会社に入って、結婚相手捕まえて、子供作って、
男は子供の養育費稼ぎの為に会社に縛られ、女はママさん仲間で人間関係作って育児、
子供が中学に入る頃には塾と受験の心配する
このレールに乗れなかった人の事考えられない社会だからじゃね
もしくは落ちた人の事を考えられない

本人にやる気無かったからで終わり
そりゃ今の世の中になる

 

>>4
それだろうね。「人並みの幸せ」ばかり考えると気がめいってしまう。
「人それぞれの幸せ」と思い直さないと。
他者との比較より、自分らの成長に目を向けたほうがいい。

 

>>4
政府と企業がグルになってそんな人生設計を国民にやらせてる。
男は新卒終身雇用で定年まで社畜にされ、女は周辺から援助なく1人で子育てしろと。

 

5: 大島栄城 ◆n3rBZgRz6w 2018/04/10(火) 04:11:07.62 ID:UMN90VMO

俺が、赤ん坊のときにまったく泣かない子供で

それで白人がそれを恨んでなんでもやった

できたのが、田中角栄の真似の中曽根康弘

 

6: 名刺は切らしておりまして 2018/04/10(火) 04:12:49.38 ID:glGES+Hm

子育ての期待値が上がったから

無事に育てばいい から

将来安定した仕事につくためにいい大学入れなきゃ になった

 

>>6
その結果、院に進んでオーバードクターになり
民間ではどこも拾って貰えず40手前で
お先真っ暗

いい大学→安定した仕事ってどこのおとぎ話だったんだろうな
まぁ将来的には、シルバー人材センターに登録して安定して終わらない仕事を延々と与えられるだろうけどな
緑虫と呼ばれる違法駐車監視員とかしてさ

 

>>6
100年前なら乳幼児が死ぬの当たり前やったしな
いっぱい生んで何人か残ればOKって時代やし

 

7: 名刺は切らしておりまして 2018/04/10(火) 04:14:16.69 ID:8d+5TEvw

ヨーロッパ先進国の北欧や中国やシンガポールには、そもそも専業主婦というものが存在しない。
仕事もしないで子育てしてる人間なんかいないからね。共稼ぎが当たり前の世界。
専業主婦なんかガラパゴス日本だけで、中国人は珍しいねといってる。

シンガポールは、日本の平均年収400万円よりはるかに高い580万円で、欧米先進国の
平均年収600万円に迫る勢いだが、祖母・嫁・娘と同居していても女達は全員働いていて
家事・育児は、安い賃金でマレーシア・フィリピン・インドネシアから来た家政婦がやる。

欧米やアジアは中流階級も通いや住み込みの家政婦を雇うのが常識。
ベビーシッターも頻繁に利用する。保育所・幼稚園なども充実している。政府の働く母親への
援助もちゃんとしている。

男女共稼ぎだから平均年収600万円で時給1500~2500円。
フィンランドなんかウェートレスの最低賃金が25万円。大卒初任給は40万円。

日本が25年停滞してる間に、欧米もアジアも成長し社会福祉も充実してきた。

 

 

>>7
家事育児を奴隷にやらせて仕事?
それが健全な世の中なの?
じゃあそのフィリピンあたりの人達の生活はどうなってんの?

 

>>7
フィンランド 家庭崩壊

 

>>7
今の女は扶養なんて基本しない無責任動物じゃんw

 

>>7
ベビーシッターとか、メイド制度は
奴隷制度の名残だぞ

移民問題、人種問題で社会崩壊するだろうね

 

8: 名刺は切らしておりまして 2018/04/10(火) 04:15:02.27 ID:WqofV7t3
社会的少子化政策
結局、地球規模の人口増加で食料危機が起こり人類は滅亡する!
とかいう話はどうなったんだろw

 

>>8
>結局、地球規模の人口増加で食料危機が起こり人類は滅亡する!
>とかいう話はどうなったんだろw
世界中で対策を実行したからね

 

>>31
そういう話をしないマスコミ。
不安ばっかり煽って利己主張。

政府も行政も、パネルでくだらん説明する前に、進ませて欲しい。

> 続きを読む 

DTI

スポンサーリンク

無料ゲームランキング

PR

-その他
-

Translate »

Copyright© 芸能ニュースまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。